洗浄カートリッジはどう使用していくか【便利なサプライ使いこなす】

インク

再生品を知る

プリンター

印刷機や複合機と言ったOA機器になると、使用するのはインクではなくトナーになります。トナーはインクとは少々異なっており、インクが液体であるのに対してトナーは細かい粒子になります。傍から見ると液体に見えなくもありませんですが厳密に言うとトナーは粒子でありインクとは全く違います。当然違いはそれだけではなく、値段にも大きく違いが出て来ています。トナーとなると値段は倍膨れ上がります。使用するOA機器専用のトナーを利用しなければなりませんので、あらゆる種類のトナーがインクと同じ様に販売されています。しかし値段がインクとは全く異なり、純正品であると一色二万円に及ぶ物も販売しています。OA機器の保障などに支障がなく、使って行く事が出来ますので純正品を使用し続ける事が無難です。しかしランニングコストは驚く程に高くなりますので、頭を抱える問題に発展してしまいます。純正品はクオリティそして保障共に安心出来ますが、コストという問題が消える事はありません。だからこそ多くの方が導入する物が再生トナーです。再生トナーとはいわゆるリサイクルトナーの事であり、非純正品になります。非純正となると心配になる方も多いかもしれませんが、再生トナーを導入する事によってランニングコスト削減が容易に可能となります。

再生トナーを利用するメリットの大部分は、コスト削減に繋がる点が占めています。しかし他にもメリットはたくさんあります。例えば再生トナーによっては、純正品以上にトナーを蓄えているカートリッジがあります。その場合は純正品を使用している時よりも、再生トナーの方が多くの枚数を印刷出来るのです。非純正にありがちである純正品との品質格差ですが、これも近年は改善されていっています。純正品に負けず劣らずの品質を持っている再生トナーは、現在多くのメーカーから販売されています。非純正だからとあなどってはならないのが再生トナーです。コストをただ抑えるだけでは賢いとは言えません。品質を保った状態でコスト削減が出来るのかどうかが問題です。再生トナー導入を悩んでいるのであれば、まずはOA機器の使用頻度を見なおしてみます。どうしても頻繁に活用する事になり、トナー交換も多いとなると再生トナーの事を頭に思い浮かべてみましょう。